柳瀬川でスモールマウスバスを釣る!オススメルアーとポイント、40up実績多数の釣り方を紹介!

釣り全般

東京と埼玉の間を流れる清流、柳瀬川。

そんな柳瀬川にひっそりと生息しているスモールマウスバス。

今回は、柳瀬川でのスモールマウスバスの釣り方について紹介していきます。

 

柳瀬川にスモールマウスバスはいる?釣果はある!?

東京と埼玉の間を流れる大河川、荒川。その支流である新河岸川を遡っていくと、都会には良い意味で相応しくない清流が目に入ります。

その川の名は柳瀬川。

新座市や清瀬市、志木市を流れる都市河川で、あまりメジャーな川ではありませんが、ごく少数のスモールマウスバス達がひっそりと生息しています!

 

柳瀬川にはスモールマウスバスが生息している?

 

スポーニングができるポイントが少なく、産んでも巨鯉に食われる運命なので個体数は安定していないように見えますが、スポーニングが行われる2月後半から3月にかけてお隣の新河岸川から大型個体が入ってくるようになるので、柳瀬川でスモールが狙えるようになります。

 

あまり有名ではありませんが釣り人は結構入っていて、魚は常にスレている高難易度なフィールドですが、何かがハマった時に急にデレてくれる柳瀬川スモールをキャッチしましょう!

 

アクセス方法は自転車と電車がおすすめ!

柳瀬川へのアクセス方法ですが、できれば自転車、無理なら電車って感じです!

 

というのも、川幅が狭くポイントの一つ一つが広くなく、上流から下流まで散りばめられているので、ポイントを打っては移動するランガンスタイルでの攻め方を余儀なくされます。

その際に、徒歩ではなく自転車があると効率が良いからです。

 

ちなみに電車で行く場合の最寄り駅は

・東上線/柳瀬川駅
・西武線/秋津駅
・武蔵野線/新秋津駅
の3つで、一番下流(魚影が濃い)に位置する東上線の柳瀬川駅の利用がおすすめです!

池袋駅から30分前後ですし、釣り場までも近いです。

 

ちなみに秋津駅新秋津駅は結構上流の方にあり、近辺でのスモールの釣果情報は聞いたことがないのであまりおすすめしません。

超ハイプレッシャー!柳瀬川のバスの釣り方について!

続いて柳瀬川のスモールの釣り方についてです!

川は全体的に水が綺麗で水深も浅く、魚の警戒心はマックスなのでバスが見えても口を使わせることは簡単ではないですが、彼らも生き物なのでどこかのタイミングで捕食行動をしています。

そんな気難しい柳瀬川スモールの攻略方法について紹介していきます。

ハイシーズンは春から夏!冬には温排水ポイントも!

まずシーズンについてです!

基本的にオールシーズン釣ることができますが、やはりおすすめしたいのは春先から夏にかけてです。

 

柳瀬川でスモールマウスバスを釣る!オススメルアーとポイント、40up実績多数の釣り方を紹介!

 

というのも、恐らく柳瀬川自体からはスモールは発生していなくて、供給はほとんど(全て)新河岸川に頼っているからです。

 

春先に新河岸川からやって来て柳瀬川に居座り始めたスモールたちは、日々プレッシャーの中でルアーを見ながら過ごします。

なので、時期が遅くなればなるほどスレていきます。

 

そこで、プリスポーンで大型個体が動き始める春先に、まだピュアな魚を仕留めるというのが一番簡単な釣り方です!

 

また、梅雨くらいの子アユが群れを成す時期もおすすめです。

特大サイズがライズしたり、アユの群れにバスが付いて回っていたりと完全に「アユパターン」になります。

 

水温の上昇に合わせてスモールの活性や個体数も上がり、1年のうちで一番盛り上がる時期なので是非足を運んでみてください!

ボラ!アユ!オイカワ!カワムツ!ベイトフィッシュは何だ!?

柳瀬川のベイトフィッシュですが、上で紹介したアユの他に、ボラオイカワカワムツなどの小魚が挙げられます。

 

ベイトフィッシュは

・アユ
・ボラ
・オイカワ
・カワムツ!

の4種類!

 

上流部ではオイカワ、カワムツがメインベイトとなり、下流部では初夏に限り子アユ、通年でボラがスモールのお腹に収まっています。

 

また、川底の石の裏についているトビケラのような川虫を好んで食べていることもあり、その日のパターンを早めに感じ取ることは柳瀬川攻略に欠かせません!

川虫を食べているバスは鯉の群れの中にいることも多いので、鯉が群れていたらじっくりと観察してみてください。

 

おすすめポイント5つを紹介!

柳瀬川でスモールを狙う際のおすすめポイントです。

全体的に水深が浅い川なので、当然、水量があるところがポイントとなります。

 

柳瀬川でスモールマウスバスを釣る!オススメルアーとポイント、40up実績多数の釣り方を紹介!

 

玄人の方なら現地に行ったらひと目で分かるようなポイントばかりですが、柳瀬川スモールおすすめポイントを5つ紹介していきます!

 

ポイント1:新河岸川との合流点の堰堤

おすすめポイントの1つ目は、新河岸川との合流点です。

 

 

先ほど紹介したとおり、柳瀬川のバスは新河岸川から入ってきます。

なので、この新河岸と柳瀬の合流地点にある堰堤の周りには常に魚がストックされています!

 

柳瀬川でスモールマウスバスを釣る!オススメルアーとポイント、実績ありの釣り方を紹介!

 

マップではわかりにくいですが小さい堰のようになっていて、その上流側が水深があり流れが緩くなっています。

適度にカバーが入っていて多少根掛かりもしますが、ベイトフィッシュとなるボラがたくさんいて1年中魚っ気があるポイントなので、根がかりを恐れずに攻めてみてください!

 

ポイント2:柳瀬川かっぱ流ちゃん周辺

おすすめポイントの2つ目は、かっぱの流ちゃん周辺です。

 

 

柳瀬川の下流域で(多分)一番水深があり、釣りができる手前側から対岸にかけて、ゆるーくカケアガリになっている超一級ポイントです!

釣り人は多く、ポイント自体も結構広いので僕はあまり攻めませんが、柳瀬川スモールと言ったらここだろう!みたいな雰囲気を醸し出す良いポイントです。

 

※ちなみにかっぱの流(りゅう)ちゃんという名前があるらしく、志木市の史跡として登録されているらしいです。

 

ポイント3:富士見の橋脚まわり

おすすめポイントの3つ目は、富士見橋という橋の橋脚の周りです。

 

 

僕はここが一番スモールの魚影が濃いと思っていて、早春から秋まで目測40〜50クラスの見えバスを見かけています。

魚の着き場としては、橋脚のえぐれの上流側から左岸の深場と右岸のシャローの中間のカケアガリになります!

ボトムは砂泥少しの小石で出来ているので根がかりの心配がないですし、巨鯉のスレ掛かりにだけ気を付けてじっくり攻めましょう!

 

ポイント4:英橋上流側

おすすめポイントの4つ目は、英橋という橋の上流側です。

 

 

ポイントとしては富士見橋周辺とすごく似ていて、橋脚のカケアガリにバスが付いている感じです!

橋脚以外は水深が浅いので魚のストック量は多くない(と思っている)のですが、たまにTwitterとかで釣果報告を見ることがあるので、多分いるにはいるって感じかと。

※春になるとマルタウグイで賑わうので、マルタの時期は避けた方が無難なポイントです!

埼玉県柳瀬川でマルタウグイを釣る!ポイントとおすすめルアー、アクセス方法やベストシーズンについて紹介!
埼玉県を流れる都市河川、柳瀬川。 綺麗な水と多彩な魚種で地元アングラーからの人気が高い釣り場です。 今回はそんな柳瀬川で釣れる遡上魚、「マルタウグイ」の釣り方について紹介していきます。 マルタウグイとは? マルタウグイは、黒...

 

ポイント5:清瀬水再生センターの温排水

おすすめポイントの5つ目は、清瀬水再生センター前の温排水です。

 

 

冬でも渾々と湧き出る温排水は、新河岸川ではなく柳瀬川で越冬するスモールをストックしています!(個体数は多くないと考えられる)

ポイント付近は水深が深くても1.5m程度で深くなく、目を凝らすと魚を目視で探すこともできます。

釣り人は多く、僕は一度、冬の時期にこのポイントでミミズぶっ込みを数時間やったことがあるのですが、何も釣れなかった(ポイントとしては狭い)ので、やはり個体数は多くないと考えています。

また、目測70センチを超えていそうなナマズも数回見たことがあるのでご注意下さい。

 

ナマズと鯉が多いのでタックルは強めで!

上でも紹介しましたが、この柳瀬川、とにかくナマズが多いです!

 

柳瀬川でスモールマウスバスを釣る!オススメルアーとポイント、実績ありの釣り方を紹介!

 

ナマズに関しては釣れたらそこそこ嬉しいのですが、は流れの中でスレ掛かりなんかしようものならギュンギュン走ってラインをぶっちぎります。なんなら積極的に橋脚に巻こうとしてきます。

なので、鯉のいる(いそうな)所でスレ掛かりしやすい早巻きやジャーク等を控えることであったり、強めのタックルで攻めたり等がオススメです。ルアーがいくらあっても足りません。ってくらい鯉が多いです。

 

実績アリのおすすめルアーはこれだ!

柳瀬川スモールの攻略のためのおすすめルアーを3つ紹介していきます!

 

柳瀬川でスモールマウスバスを釣る際のオススメルアーについて!

 

柳瀬川に通う僕がガチでおすすめするルアーたちなので是非持っていってください。

シンキングミノー全般(スミス:Dコンタクト63)

おすすめルアーの1つ目は、スミスの渓流ヘビーシンキングミノー、Dコンタクト63です。

 

柳瀬川でスモールマウスバスを狙う際のおすすめルアーはこれだ!

 

水深は浅いですが、基本的に根掛かりが少ない(根掛かってもすぐ取れる)川なので、シンキングミノーをドリフトさせながら瀬の中やカケアガリ周辺でトゥイッチする釣り方が強いです。

数あるシンキングミノーの中でも、特にこのDコンの平打ちアクションは特に秀逸でスレたバスに効くので、何個か持っておきたいところです!

 

スミス(SMITH LTD) ミノー D-コンタクト タイプII 63mm 7.5g TSレーザー #5
D-コンタクトIIは通常のD-コンタクトとは異なるウェイトバランスを施したモデルです。より重く、センターバランス設計により水平フォールを実現。解禁直後やシーズン中の深場、夏の高水温期などの追い気の薄いトラウト、警戒心がピークの秋ヤマメなどにスイッチを入れる。

 

また、サイズを落としたDコンパクトも、入るレンジの差やその他諸々のシチュエーションの違いで使い分けられるので持っておいて損はないです!

Amazon | スミス(SMITH LTD) ミノー D-コンタクト | SMITH | ルアー
スミス(SMITH LTD) ミノー D-コンタクトがルアーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

また、Dコン以外のシンキングミノーでも十分攻略可能なので、リュウキシリーズメジャークラフトエデン等、低い価格帯のミノーから使い始めるのもおすすめです。

 

ゲーリーヤマモト:イモグラブ40

おすすめルアーの2つ目は、ゲーリーヤマモトの高比重ワーム、イモグラブ40です。

 

柳瀬川でスモールマウスバスを狙う際のおすすめルアーはこれだ!

 

バサーなら一度は名前を聞いたことがあるであろう有名ルアーは、柳瀬川でもその力を遺憾なく発揮します!

 

使い方としてはボトムのドリフトがメインで、流れの緩い所にキャストして、ボトム付近まで沈めて適当にラインスラックを回収していると小型サイズが釣れる印象です。

魚の気配はあるのにドリフトで反応がない場合、立ち位置を下流側に移し、アップクロスドアップから流してポイントにイモを送るパターンが効くこともあるのでお試しください!

 

スミス(SMITH LTD) ワーム ゲーリーヤマモト イモグラブ 50mm 約5.7g レッド(ソリッド) #008 ルアー
ノーアクションでタフコンディションを打破「イモグラブ」なるジャンルを確立させたゲーリーブランド。元々はグラブのテールをカットして使用することに端を発したこの形状は、やがて独自のジャンルを確立し、各社から多くのイモグラブ形状製品が発売されたのは御存知の通り。スミスでは、単なる既存品のテールカットではなく、イモグラブとして...

 

イナッコ稚鮎などの目立ったベイトフィッシュが目視できない時、スモールが川虫などの流下物を食べていると考えられる時に有効で、橋脚のエグレに付いて流れてくる餌を待っている厄介な個体を狙うことができます。

マイクロスプーン(フォレスト:ファクター0.9g)

おすすめルアーの3つ目は、フォレストのエリア用マイクロスプーン、ファクター0.9gです。

 

柳瀬川でスモールマウスバスを狙う際のおすすめルアーはこれだ!

 

全くバスルアーではないのですが、個人的柳瀬川最大魚を釣れてきてくれたルアーなのでオススメさせてください!

 

フォレスト(FOREST) ファクター 0.9g №2カウンターホワイト スプーン ルアー
大人気のファクターシリーズに待望の0.9gが新登場! サイズダウンしてはいるもののアピール力は抜群でより広範囲からトラウトを呼び込む集魚力や追尾してきたトラウトに口を使わせやすい波動でバイト数を稼げる設計になっています。また、1.2g譲りの安定した泳ぎでレンジキープもしやすくロッドワークによる泳ぎの角度変化時にも安定し...

 

イモグラブ等のワームやダウンクロス〜ダウンのミノーなど、魚にゆっくりとルアーを見せても口を使ってくれないときに、目の前で軽めのスプーンをひらひらっとさせてあげるとリアクション(?)でスイッチが入ることがあります。

柳瀬川でサイトができるポイントはどこも浅いので、ある程度の距離をとってアプローチできる(飛距離が出るスプーンでかつゆっくり沈むものがオススメです。

 

番外編、ガンクラフト:ジョインテッドクロー128

おすすめルアーというよりも、誰かこれで釣って下さいロマンルアーとしてジョイクロ(128以上)を挙げさせて下さい!

 

柳瀬川でスモールマウスバスを狙う際のおすすめルアーはこれだ!

 

晩夏夕マヅメの柳瀬川最下流域で、10cmそこそこに成長したアユにボイルを繰り返すデカスモール4〜5匹の群れに遭遇したことがあり、当時の僕の手持ちルアーでは相手にしてもらえず、それ以降その場所を見回ってもそのパターンに出会うことができていません。

荒川水系でも有数のアユベイトエリアに棲む柳瀬川スモールが、ジョイクロを咥えている姿を見てみたいです。。。

GAN CRAFT(ガンクラフト) ルアー 鮎邪 ジョインテッドクロー 128 F
ジョインテッドクロー178の発売から15年…。 これまで培われてきたS字系の歴史を塗り替える新たな究極のS字系、それが“動かないS字系”敢えてアクションが小さくなるよう設計したことで、通常のS字系ではバイトに持ち込めない魚もバイトに持ち込むことが可能。 一般的なベイトにマッチしたサイズ感と、水面や水中、さらにはボトムに...

 

川の特徴をつかめ!釣り方攻め方について!

柳瀬川スモールの具体的な釣り方についてです!

 

柳瀬川でスモールマウスバスを釣る!オススメルアーとポイント、実績ありの釣り方を紹介!

 

抑えておきたい要点を、理由と一緒に紹介していきます。

 

柳瀬川スモールを攻略する際の要点3つ。

鯉かなと思ってもとりあえずルアーを投げる!
・カケアガリをしっかりと撃つ!
・鯉の群れは要観察!

1つ目の「鯉かと思ってもとりあえずルアーを投げる」というのは、柳瀬川のバスは付いている場所が鯉と一緒なので、鯉に見えたからスルーしたら実はバスだったという悔しい思いをしないためです。
橋の上から見れれば見分けやすいのですが、岸から見ていたり水面の反射があると判別しにくい場合が結構あるので「鯉かバスか分からない!」ってなったら一応ルアーを投げておくことをオススメします!コイ並みの体格のスモールをみすみす逃すのは勿体無いです。
2つ目の「カケアガリをしっかりと撃つ」というのは、柳瀬川では(柳瀬川に限らず?)カケアガリ付近でスモールを見かけることが多い経験則からです。
ダウンクロスでドリフトさせながら、魚の前でゆっくりとルアーを見せつけるようにシンキングミノーを通し、反応がイマイチだったらアップクロスでワームを流してくるといった感じ(一例)で丁寧に攻め、見えバスがいたりライズ等の魚っ気があったりする場合は時間を開けて入り直すのもおすすめです。
3つ目の「鯉の群れは要観察!」というのは、柳瀬川に限らずデカスモールは鯉の群れと行動を共にする習性があります。
僕はコイが掘り返した底材の中の餌のおこぼれを狙っている、また、自分と同じかそれ以上の体サイズのコイの群れの中に居れば鳥などの外敵から襲われにくい故だと考えていますが真相は分かりません。
なので、鯉の群れを見つけたらよーく観察して群れにスモールが混ざっていないか探してください。
周りの鯉より少し細くて、鰭先が鋭い魚がいたら是非ルアーを投げてみてください。

柳瀬川スモールマウスバス自己記録キャッチの釣行記!

実釣編です。

柳瀬川でスモールを狙う、簡単な釣行記です!

 

あたかもスモールを狙いに来たかのような口調ですが、

実は本命はカワムツでした。

 

柳瀬川で釣れたカワムツ

 

上で紹介した柳瀬川にはカワムツが生息していて、僕は最近それをスプーンで釣るのにハマりこの日も川に出撃していました。

 

柳瀬川に来ました

 

良さげなポイントを見つけ…

 

柳瀬川に来ました

 

キャストを繰り返しますが

 

柳瀬川に来ました

 

無反応orz

 

柳瀬川に来ました

 

ポイント移動をしましたが無反応。

 

終わった。

 

カワムツを釣りに来てボウズでは帰れません。

帰れませんが、雨は降りだし雷と腹の音が鳴っています。

 

帰るか。

 

そう決めた瞬間でした。

視界の端にチラッとスモールの影が見えたのです。

 

上記で紹介したように橋脚のカケアガリにぴったりと付いていました。

側にたくさんいるコイやニゴイとは色も形も違います。

 

実は少し前の

柳瀬川のハヤ(オイカワ等)をスプーンで釣る!まさかのあの魚も?
この記事の実釣編です。 こんにちは。生物部です。 皆さんはハヤという魚をご存知でしょうか。 ハヤはウグイやカワムツなどの総称で、餌釣りのターゲットとして有名です。 それゆえに、ハヤ釣りに対し餌...

この記事を書いた時にもスモールを見かけているポイントです。

 

上流を向いて餌が落ちてくるのを待っているように見えます。

緊張の一瞬。

 

ルアーを変えている余裕はなかったので、スモールの上流にマイクロスプーンをキャスト。

 

ピロピロピロー。

 

スプーンがスモールの頭の上を通りかかります。

すると…

 

ガバアッ!

 

カケ上がりにピタリと付いていた魚は急浮上し、スプーンに襲いかかりました!

 

ですがここで恐ろしいことを思い出したのです。

 

・管釣りロッド
・1000番スピニング
・2ポンドナイロン
・シングルバーブレスフック

 

自殺行為。

 

カワムツタックル自己新記録確定のスモールが走りまくります。

 

だいぶ長い時間格闘し、4回のジャンプに耐えた後、

 

心を開いてくれたのか。

 

ゆっくりと近寄ってきます。

 

そして…

 

柳瀬川で釣れたスモールマウスバス

 

キャッチ!!!!!

 

柳瀬川で釣れたスモールマウスバス

 

捕獲!!!!!

 

やな江川で釣れたスモールマウスバス

 

柳瀬川スモール逮捕ー!!!!!

 

カワムツが釣れずに帰ろうとした直後に奇跡が…。

 

メジャーは忘れましたが、竿と一緒に写真を撮って帰って測ったら40〜41cmでした!

僅差で自己記録更新!

ちなみに釣れたルアーはフォレスト:ファクターの0.9gでした!

フォレスト(FOREST) ファクター 0.9g №2カウンターホワイト スプーン ルアー
大人気のファクターシリーズに待望の0.9gが新登場! サイズダウンしてはいるもののアピール力は抜群でより広範囲からトラウトを呼び込む集魚力や追尾してきたトラウトに口を使わせやすい波動でバイト数を稼げる設計になっています。また、1.2g譲りの安定した泳ぎでレンジキープもしやすくロッドワークによる泳ぎの角度変化時にも安定し...

 

柳瀬川でスモールを釣ろう。まとめ!

柳瀬川でスモールマウスバスを釣る方法まとめです。

  • 柳瀬川にはスモールがいる!
  • ハイシーズンは春から夏!
  • アユやボラ、ハヤ類など、ベイトフィッシュは多彩!
  • 基本的に水深が浅いので深場を探して丁寧に探る!
  • 鯉の群れは要観察!

こんな感じでしょうか!?

ハイプレッシャー&個体数少なめ(だと思っている)フィールドですが、一回で釣れなくても通うことで攻略方法が見えてくる川です!

きれいな水と濃い魚影に癒されながら、柳瀬川スモールマウスバスを狙ってみてはいかがでしょうか!

コメント

タイトルとURLをコピーしました