【前編】一人生物部知床遠征!自然の楽園にスプーン一つで挑んだ話。

急に釣れたまさかの魚! 釣行記

※前編です。

こんにちは生物部です。

知床の夕方の景色

皆さんは知床半島という地域をご存知でしょうか。

北海道東部に位置する半島で、自然が飽和している生物の楽園です。

日頃東京〜埼玉南部という自然貧しきところで釣りをしている僕は知床に憧れを抱いていました。

今回は、そんな知床の地で、あえて縛りを設けて楽しんできたのでその様子をお伝えしていきたいと思います。

縛りは?

今回の遠征で僕が僕に課した縛りはズバリ

 

マイクロスプーン一つしか使えない縛り

 

です。

文字の通り、マイクロスプーンしか投げれないルールです。

しょぼいと思った方もいるでしょう。

ほんとは僕だって羽根モノ縛りビックベイト縛りをしてみたいです。

ですが、下手くそがそんなことをしようものなら当然魚は釣れず、悲しみのあまり甲子園で敗れてしまったチームの選手が土を集めるように、釣具屋でルアーをかき集め無事破産してしまうので適当にゆるい縛りとさせていただきました。

 

また、理由としては、生物部といえはスプーンと言うくらいスプーンが好きな僕の、レベルアップにつながると思ったからです。

 

マイクロスプーン

Amazon | フォレスト(FOREST) ファクター 0.9g №2カウンターホワイト スプーン ルアー | フォレスト(FOREST) | ルアー
フォレスト(FOREST) ファクター 0.9g №2カウンターホワイト スプーン ルアーがルアーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

助っ人

ですが当然マイクロスプーン一つではカバーしきれない局面もあるでしょう。

何より知床まで来てマイクロスプーンしか投げれないってのもアレです。

なので助っ人制度を設けようと思います。

まあこの三つがあれば間違いないだろうというルアーを助っ人として招集しました。

 

フォレスト ミュー

1.フォレスト ミュー 3.5g クロキン

言わずと知れた神スプーン。泳ぐ姿は小魚そのものです!

芦ノ湖のブラウントラウトや荒川のシーバスに効きました。

 

フォレスト リアライズ

2.フォレスト リアライズ 7g 裏金

サクラマス用に設計された重めのスプーン!

入間川のスモールマウスバスに効きました。

 

Dコンタクト63

3.スミス Dコンタクト63

渓流ヘビーシンキングミノーの王道。

トラウティスト絶賛の最強ヘビーシンキングミノー!

釣果はまだありませんがめっちゃ良い動きをします。

助っ人一覧

彼らは、どうしても。という時に使おうと思います。

手持ちルアー4つで知床を攻略して行きましょう!

1日目

出発!知床へ!

と言うことでやってきました!

根室中標津空港。

 

中標津空港到着

 

羽田からの1時間半くらいの搭乗と聞いていたので短いなと思っていましたが学校の授業2コマ分だと思うと長く感じたので

 

りんごジュース

 

検尿っぽいりんごジュースを飲んだり

 

ダウン

 

ユニクロウルトラライトダウンを動物のように扱ったりして気を紛らわせました。

 

外の様子

 

あとは涼しいです。

ひたすら涼しい。

天気も良く幸先の良いスタートが切れそうです!

 

とりあえず川へ…。

川の様子

ホテルのチェックインの後、川にやってきました。

実は2年前にも来たことがあるポイントで、オショロコマがひしめき合う最高の川です。

多分どこに投げても釣れるので適当に一投目。

 

すると…

ヤマメさんかな?

 

釣れた!

小鱒が釣れました!

ヤマメでしょうか?他のマスの稚魚でしょうか?ルアーはもちろんマイクロスプーンです!

さらにさらに〜?

 

鱒

鱒

鱒

無限湧き。

子鱒無限湧き。

サケやカラフトマスの稚魚でしょうか。それともヤマメでしょうか。小さいマスがたくさん釣れます。

 

ただ不安なのはオショロコマの姿が見えないこと。

謎鱒のせいで絶滅していないと良いのですが…。

 

と思っていたら来ました。

 

知床オショロコマ

 

知床オショロコマ〜!

日本国内にはオショロコマの降海型の個体が少ない(いない?)ため、各川ごとに体色に違いが出る美しい魚です。

 

知床オショロコマ

 

サイズは19センチでこの川では大きめです。

やっとの出会いもそこそこに、もう一度同じコースを通すと

 

知床で釣れたオショロコマ

もう一匹出た!

サイズダウンしましたが美しいです。

ありがとうオショロコマ。

その後は無限小鱒地獄だったのでなんとかもう一匹オショロコマを追加して川を後にしました。北海道で釣れたオショロコマ

1日目夜の部です。

知床の夜はエゾメバルが入れ食いなのは全世界共通認識なので漁港に向かいます。

 

これまたどうせどこに投げても釣れるのでマイクロスプーンをピュッ。

少し沈め、巻いてくると…

ゴツン!

 

知床で釣れたエゾメバル

 

ワンパン。

サイズはそれほど大きくはありませんが、かっこいいです。

よく見るとスモールマウスバスみたいな魚です。

今日は食べないのでリリースです!

その後も…

 

知床で釣れたエゾメバル

知床で釣れたエゾメバル

知床で釣れたエゾメバル

知床で釣れたエゾメバル

 

ノンストップ爆釣。

全て同じ個体に見えますが全て違う個体です。

隣でジグ単をやっていた同行者は釣れすぎて感情を失っていました。

 

本来、関東に住んでいる釣り人(僕)は極寒の堤防で10分の1グラム単位で刻んだジグ単をデッドスローで巻く何かの修行みたいなメバリングしか知らないので衝撃です。

 

知床で釣れたエゾメバル

一生分のメバルを釣りました。

2日目

朝の景色

二日目の朝です。

朝早くから外でカモメが狂喜乱舞していたため4時半に目が覚め、終始寝不足の一日が始まります。

やらかし1

朝ごはんまでに少し時間があるので近くの川に行くと…。

知床の川で釣れたニジマス

知床の川で釣れたニジマス

知床の川で釣れたニジマス

知床の川で釣れたニジマス

おりゃりゃ〜!

ニジマス天国。

国内で養殖されているものが放流されたという説がありますが、僕はネイティブだと信じています。

あと、やはりニジマスがいる川にはオショロコマが少ないです。ニジマスの方が強いのでしょうか…。

そして…。

 

知床の川で釣れたニジマス

 

え?

 

知床の川で釣れたニジマス

 

え?

大きくない???

 

知床の川で釣れたニジマス

 

やらかした〜!

10センチ前後の個体を数釣りしてたらまさかの尺ニジ!

小鱒用のタックルセッティングですので糸全部出されるかと思いましたが、ナイスファイトの後無事ネットインできました。

ありがとうニジちゃん。

 

やらかし2

朝ごはんを食べにホテルに戻ろうとすると川底にカラフトマスが2匹。

 

川に遡上したカラフトマスは釣ってはいけないのでスルーしようとしましたが、

カラフトの後ろに何か違う魚の影が見えます。

 

上流にはニジマスがたくさん

2年前のオショロコマ釣りで謎の大物にドラグを全部出された時と同じ川

カラフトマスとは明らかに違う遡上魚(多分鱒)

スチールヘッド!?

 

 

心拍数が一気に上がります。

ルアーをファクター0.9からミュー3.5にチェンジし、慎重にキャストした一投目。

謎鱒が興味を示しますがまさかのカラフトマスがバイト!

幸い、フッキングすることはなくスプーンが手元に帰ってきます。

続けて二投目。

ダウンクロスにキャストしたスプーンは謎鱒の顔の前を通りかかります。

と次の瞬間

ジィィィッ!!!!

ヒットはしました。

ですがよく見たらカラフトマスのスレ掛かりです。

産卵前の大事な時期無駄な体力消費はさせたくないのですが、こういう時に限ってバレません。

仕方ないのでランディングし

スレがかりで釣れてしまったカラフトマス

一応記念写真。

50センチ前後。

顔の後ろにガッチリかかってしまったようです。

そっとリリースしたら元気に帰って行ってくれたのでよかったですが、かなりの罪悪感です。

謎鱒もいなくなってしまい、無念。

ごめんねカラフトマス。

 

朝飯

荒んだ心を癒してくれるのは美味い飯だけなので、朝ごはんを食べます。

白米とお味噌汁だけで何杯も食べられるほど美味しく、名前を知らない料理にもチャレンジしましたが全部美味かったです。景色が良いのも最高です。

 

海のカラフトマス釣りへ。

朝食の後、海のカラフトマス釣りへ向かいます。

ルアーはミュー3.5からリアライズ7.0にチェンジ。

沖に遠投し、各レンジを巻いてきますが…

まさかの無反応。

カラフトマス釣りは年によって差があるらしく、地元の方曰く、今年はあまり調子が良くないとのこと。

カラフトは諦めて、足元でロックフィッシュをすることにしました…。

 

 

 

後編は8/21水曜日更新です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました