【ただ巻き】おすすめ渓流用スピナー6選と使い方!色と重さの選び方についても!

【抜群の安定感】おすすめ渓流用スピナー6選と使い方!色と重さの選び方についても! 釣り

日本では渓流で多用されるスピナー。

原始的な作りとは裏腹に釣果の安定感に定評がある不思議なルアーです。

今回はそんなスピナーのおすすめ6個と僕なりの使い方を紹介していきます。

スピナーは最初の1匹から大型狙いまでできる万能&最強の渓流ルアー!

 

金属の軸にブレードとウェイト、そしてフック。その単純な作りとは裏腹に物凄い実力を秘めているルアー、スピナー。

基本的に投げて巻くだけで釣れてしまうので、渓流での最初の一匹を釣りたい方から数釣りやサイズアップを目標にしている方まで幅広くおすすめしたいルアーです!

 

【抜群の安定感】おすすめ渓流用スピナー6選と使い方!色と重さの選び方についても!
AR-スピナー、埼玉チューン。

 

ぷるぷるとした巻き感(=波動)で広い範囲を探れるのでサーチベイトとしても優秀ですし、レンジキープもしやすい(一定の層を巻きやすい)ので初心者の方にもまず使ってみてほしいルアーのひとつです。

 

Amazon | スミス(SMITH LTD) AR(エーアール)・スピナー トラウトモデル | スミス(Smith) | ルアー
スミス(SMITH LTD) AR(エーアール)・スピナー トラウトモデルがルアーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

 

また、渓流で多く使われるスプーンやミノーに比べて空気抵抗が大きいのも特徴で、スピニングタックルでキャストしても狙ったところへ落とすのが簡単で小場所でよく活躍してくれます!

 

渓流用のおすすめスピナー6選!

前置きが長くなりましたが、個人的におすすめしたいスピナー6個を紹介していきます!

 

スミス:AR-スピナー(AR-s)

まず1つ目はスミス、AR-スピナー!

 

今一番人気といっても過言ではない王道スピナーで、パッケージの説明の通り、キャスト→巻き始め時の立ち上がりの良さがピカイチです。

 

 

大体の釣具屋に置いてあり入手も簡単なので、スピナーで迷っている方にはとりあえずAR-sをおすすめしたいです!

 

【抜群の安定感】おすすめ渓流用スピナー6選と使い方!色と重さの選び方についても!

 

〜ウェイトラインナップ〜
1.6g/2.1g/3.5g/4.5g/6g

 

 

また、AR-sはエリアトラウト用のモデルも存在します。

 

 

ノーマルタイプに比べてボディが艶消しだったり、最初からスプリットリングが付いていたり(本家はトレブルフックが直結されている)と持っておいて損はないです!

 

〜ウェイトラインナップ〜
1.5g/2g

 

AR-S(スピナー)の超簡単なシングルフックへの交換方法と3つのメリットを紹介!
渓流ルアー釣りで初心者から上級者まで数多くのアングラーに愛されるスピナー。 そのスピナーの中でも一際人気があるAR-S。 今回はそんなAR-Sに付いているトレブルフックを、シングルフックに交換する方法について紹介していきます。 AR-...

AR-sのシングルフックへの交換方法についてはこちらへ!

 

スミス:ニアキス

2つ目は再びスミス、ニアキス!

 

AR-sの次に釣具屋で見かけることが多く、扱いやすいので初心者の方にも手に取っていただきたいスピナーです。

 

 

先ほどのAR-sと比べてシルエットが若干大きいこともニアキスの特徴で、その分僅差ですがアピール力も強いです。

なので、魚が散らばっていそうなポイントや水深もある淵などでも容赦無く特攻させることができます!

 

〜ウェイトラインナップ〜
3g/4g/6g/9g/12g

 

ダイワ:ブレットン

3つ目はダイワのフランス製スピナー、ブレットン!

オールドチックなデザインがかなりイケてるスピナーですが、釣果ももちろんイケてます。

 

 

ウェイト/ビーズ/ウェイトと珍しいボディ構造ですが、そこがまたお洒落さを際立たせており、コルクグリップのロッドにウッドハンドルノブのカーディナルを付けて使いたい見た目をしています。

 

ボンバダのテルさんも使用されているスピナーです。

 

〜ウェイトラインナップ〜
3g/5g/7g/9g/11g

 

ダイワ:シルバークリーク

4つ目は再びダイワのスピナー、シルバークリーク!

個人的に見た目が凄く「虫」っぽい印象を受けるスピナーで、ブレードも少し小ぶり(シルエットがやや小さく見える)なのでターゲットが小さい場合食いが渋い時にも有効だと考えています。

 

 

軸の後部には最初からスプリットリングが装着されているので、苦労して交換する必要がないのもおすすめポイントです。

 

DAIWA SILVERCREEK SPINNER 解説動画
小林将大フィールドスタッフによる解説動画です。 シルバークリークスピナーの使い方、性能など詳しく説明していただいております。

公式YouTubeで使い方をチェック!

 

〜ウェイトラインナップ〜
3g/4g/6g

 

フォレスト:輪舞

5つ目はフォレストのスピナー、輪舞(ロンド)!

特徴的な名前と見た目から、店頭で一度は目にしたことがある方も多いかと思います。

 

 

「元祖スピナー」感がすごい出ていて見た目は凄く良いのですが、岩などにぶつけた際に軸が曲がってしまうことが結構あったので僕は最近あまり使っていません。

 

〜ウェイトラインナップ〜
3g/5g

 

メップス:アグリア

6つ目はメップスのスピナー、アグリア!

1700種類ものレパートリーのスピナーを生み出したとされるメップス社のスピナーなので、信頼と実績は抜群です。

 

下のはロングモデル!

 

パッケージもなんか例えばへドンみたいな時代感というか、そういう感じがして個人的に大好きです!

 

また、同じメップス社からはブラックフューリーコメットといった優秀なスピナーが発売されているので要チェックです!

 

 

〜ウェイトラインナップ〜
3.5g/4.5g/7g

 

使い方の基本はただ巻き!千鳥アクションも悪くはないが…

渓流でのスピナーの使い方ですが、基本的にはただ巻きでOKです!

対岸きわきわにキャストして、糸ふけをとり、基本的には一定の速度でハンドルを巻き続けていればゴコンッとトラウトたちがアタってきます。

 

【抜群の安定感】おすすめ渓流用スピナー6選と使い方!色と重さの選び方についても!ただ巻きでヒットした桂川のヤマメ

 

ただ巻きに慣れてきたら、今度は入り組んだ流れの中でスピナーが一定の速度とレンジで泳いでいるかを意識しましょう!

ロッドに伝わってくる感触が重くなったら巻くのをやめたり遅くしたり、逆に軽くなってきたら巻くのを速めるといったような調整が大事です。

 

 

一定に巻けているかを確認する簡単な方法としては、ロッドティップの曲がり方で判断するというのがあります。

ティップがずっと同じ角度で曲がっていれば同じ速度で巻けていますし、曲がったり戻ったりしている状態ではスピナーが一定に動いていないことが多いです!

 

ただ巻きって意外と難しいですよね…。

 

 

また、ただ巻きの途中でチョンチョンとティップを揺らしたり、リトリーブを一瞬止めてみたりと「千鳥アクション」と呼ばれる動きを出すこともできます!

一定に動いていたルアーが急にバランスを崩すので、スレた魚に特に有効です。

 

渓流でスピナーを扱うのに適したロッドの特徴と僕が使用しているロッドを紹介。

スピナーを使うのに適したロッドですが、ファストテーパー(先調子)のロッドがおすすめです!

ブレードが回転するぷるぷるとした振動や、流れの変化を感じ取りやすかったりもするのでティップが素直に入るものが扱いやすいです。

 

5ピースパックロッド フエルコ MG600-5S【スピニングモデル】
created by Rinker

https://xn--4gqpr679fkjcgq4c.com/mg600-5s/
僕が使っているロッドです。

 

【抜群の安定感】おすすめ渓流用スピナー6選と使い方!色と重さの選び方についても!

 

また、スピナーは小場所で使うことも多いので、フリップキャストができるロッドもおすすめです!

スローテーパーで5ftくらいまでの短めのものがやりやすく、特にグラスロッドの類はそれに適しています。

 

重さは水深や流れの強さに合わせて選ぼう!

スピナーの重さの選び方ですが、一般的な「渓流」と呼ばれる規模の河川では2g〜4gを目安に持っておくと良いです。

 

流れの程度にもかなり左右されますが、チャラ瀬から水深1mくらいまでのポイントでは2g前後のものを用いることが多いです。

反対に、流心などの流れが強かったり厚かったりする場所では4g近くのものを投げておけばボトムまできっちり攻めることができます。

 

【抜群の安定感】おすすめ渓流用スピナー6選と使い方!色と重さの選び方についても!

 

また、比較的軽めのスピナーでも、流れを上手く利用できれば多少の深い場所を攻めることも可能なので、水深や流れの強さと相談して投げる重さを決めましょう!

 

スピナーの色による魚の反応の違いについて!

スピナーのカラーについてですが、基本的には神経質にならなくて大丈夫です。

ブレードはのキラキラとフラッシングする色を選び、ボディ(軸周り)は流れの中で見つけやすい黄色などを選ぶと、川の中でのルアーが泳いでる場所を把握しやすいのでおすすめです。

 

【抜群の安定感】おすすめ渓流用スピナー6選と使い方!色と重さの選び方についても!

 

渓流だけじゃない!湖や管理釣り場でもスピナーを投げてみよう!

スピナーが活躍するのは渓流だけではありません!

冬に最盛期を迎える管理釣り場や、ビッグトラウト狙いの湖などでもスピナーは魚を連れてきてくれます。

 

【抜群の安定感】おすすめ渓流用スピナー6選と使い方!色と重さの選び方についても!芦ノ湖で釣れたニジマス

【抜群の安定感】おすすめ渓流用スピナー6選と使い方!色と重さの選び方についても!芦ノ湖で釣れたブラウントラウト

【抜群の安定感】おすすめ渓流用スピナー6選と使い方!色と重さの選び方についても!芦ノ湖で釣れたヒメマス

 

これは神奈川県、芦ノ湖でAR-スピナーを投げた際の釣果ですが、ブレイクの上をただ巻きで通しまくっていたら釣れたレインボーとブラウントラウト、ヒメマスたちです。

レインボーだけでなく、かなり大きめのブラウンもヒットし足元まで寄せましたが、落ちていた釣り糸に絡んでラインブレイクという始末でした。

 

また、中禅寺湖の解禁日にも50cmのブラウントラウトがAR-スピナーにヒット!

 

【抜群の安定感】おすすめ渓流用スピナー6選と使い方!色と重さの選び方についても!中禅寺湖でスピナーで釣れたブラウントラウト。

 

きっちり取り込みました。

 

こんな感じで渓流以外でも、案外スピナーは釣れるルアーなんです。

周りのアングラーがミノーやスプーンばかり投げているシチュエーション、実はチャンスなのかもしれませんね…。

 

渓流スピナーセットは安くて使える!

先ほどまで紹介していたスピナーは1つ600円以上とぼちぼち良い値段がします。

しかも意外とよくロストするルアーなので、安いものをたくさん持っておくというのも作戦としてはアリです!

 

 

安いものでもブレードがちゃんと回れば十分に使えますし、なんせ安いので岩にぶつけて軸が曲がるのを恐れないキャストが可能です。

 

スピナーの自作方法!

渓流で使うスピナーですが、一応自作することも可能です!

 

【抜群の安定感】おすすめ渓流用スピナー6選と使い方!色と重さの選び方についても!自作スピナーについて

 

これは僕が以前自作したものなのですが、こんな適当な作りにも関わらずちゃんと泳いだので、興味のある方は作ってみると面白いかと思います。

Making a Tail spinner style spinner / スピンテール型スピナールアーの作り方
I will make a Spinner lure (tail spinner style) . スピンテール型のスピナーを自作しました。 *How to remove the inside tube of sinker and making spinner lure. Vid...
Lure Making ・ルアーメイキング~釣れるスピナーの作り方
真鍮丸棒から加工する、よく回るインラインブレードタイプの こだわりの自作スピナーの作り方です。 #luremaking#自作ルアー BGMはMusic Materialから使用しました

 

以上です!ありがとうございました。

関係ありそうな記事

【オレンジの暴力】北海道のオショロコマの釣り方!おすすめルアーと守りたい注意点を徹底解説!
野生動物の王国、北海道。 そんな北海道に暮らす小さな渓流魚、オショロコマ。 今回はそんなオショロコマの釣り方について紹介していきます。 オショロコマについて! オショロコマは日本国内では北海道のみに生息するトラウト(マス)の仲間です...
【実績】マルタウグイがガチで釣れるルアーの選び方とオススメルアー6つを紹介!状況別の使い分けについても!!
多摩川や柳瀬川等、都会で狙えるビッグフィッシュとして人気を博すマルタウグイ 。 そして彼らを釣るにあたって一番大事といっても過言ではないアイテム、ルアー。 ということで今回は、毎年早春に関東3河川でマルタウグイを狙っている僕が、...
管理釣り場”東山湖”を完全攻略!ワームとフライはOK?リリースや持ち帰り、刺身、イトウについても紹介!
1人でも、友達とも、家族と一緒でも釣りが楽しめる釣り施設、管理釣り場。 けど実際に行こうとすると「料金はいくら?」「ルアーは?」「釣った魚は食べれるの?」みたいな疑問と不安はつきものです! そこで今回は、そんな疑問に答えるべく全...
【神立地】奈良子釣りセンターのおすすめルアーやレギュレーション、料金について!テンカラやウェーダーはOK?
1人でも、友達とも、家族と一緒でも釣りが楽しめる釣り施設、管理釣り場。 けど実際に行こうとすると「料金はいくら?」「ルアーは?」「釣った魚は食べれるの?」みたいな疑問と不安はつきものです! そこで今回は、そんな疑問に答えるべく全...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました