イモリの飼育にオススメの床材5選!床材を敷くメリットとデメリット

めっちゃ綺麗なコケ 生き物全般

「イモリの床材はたくさんの種類があって何を選んだらいいかわからない!」

「そもそも床材なんて必要ないんじゃない!?」

と言う人のために、床材を実際に使ってみた感想を交えながら、使いやすい床材ランキングとそのメリットについてまとめてみました!

そもそも床材とは

床材とは字の通り水槽の底面に敷くものです。

  • レイアウトの一部として見栄えが良くなる。
  • 糞や食べ残しを分解してくれる

などのメリットがあります。

敷いておいて損はありません。

今まで使用した床材

下ではうちで、実際にイモリ飼育に使用してみて使い勝手がよかったものを紹介しています

ソイル

爬虫類や両生類の飼育、アクアリウムでの水草育成などで人気のある床材です。

粒の表面は黒く、ボコボコと穴が空いています。この中に住み着く微生物が糞や食べ残しを吸着、分解してくれるおかげで水槽内を清潔に保つことができます

イモリ飼育に適した床材、ソイル

※ソイルを敷いてみた時のイメージ

 

メリット:糞や食べ残しの分解ができる。植物を生やせる。

デメリット:虫が湧くことがあるらしい(経験はない)

コケ

こちらはイモリテラリウムでよく登場する床材で、ソイルと同じような感じでコケの根元に住んでいる微生物が糞を分解してくれます。

外観も良く、水に濡れてツヤツヤしている苔はとても癒されます。

 

苔を用いたイモリ水槽

※コケを敷いてみた時のイメージ

メリット:糞、食べ残しの分解。見栄え○

デメリット:手入れに多少の手間がかかる

砂利、礫、砂など

砂利は上の二つに比べると見栄えは劣りますが、和風な水槽にしたい。と言う方には最適です!

とても落ち着いた雰囲気の水槽は渓流を思い出させます。

また、レイアウト次第では日本淡水魚(オイカワやウグイ等)とイモリを混泳させることもできます。

イモリの床材候補、砂利

※砂利を敷いてみた時のイメージ

メリット:落ち着いた雰囲気

デメリット:ソイルやコケのような浄化作用はない

人工芝

人工芝は他の床材に比べて安価なのが大きな特徴です。

それでもちゃんとイモリを飼育できますので、れっきとした床材です。

ただやはり少し生命感がないと言うか機械的なレイアウトになってしまうような気がします

人工芝を敷いた水槽

※人工芝を敷いてみたイメージ

メリット:コスパが良い。掃除が簡単。見栄え○

デメリット:固いものは怪我をするので注意。

人工芝を用いたイモリウムの作り方

初めてでも大丈夫!すぐに作れて見栄えのいい簡単イモリテラリウム
イモリテラリウム(イモリウム)とは、その名前の通りイモリの飼育とテラリウムの融合で、苔や流木や水草をレイアウトして作られた水槽の中でイモリ飼育を楽しむものです。自然に近い環境での飼育ができる為、イモリの野生味溢れる活動を見ることができます。...

床材を敷かない

逆に悩むのをやめて床材を敷かないと言う選択肢もアリだと思います。

ですが糞や食べ残しから出る汚れが吸着されないので、それによる体調不良を起こす恐れがあります。水の量が少ない場合は特に、高頻度の水換えをお勧めします。

メリット:掃除が楽

デメリット:殺風景。汚れがそのままになる。

まとめ

 

この記事をまとめると、ソイルやコケなどの糞を分解できる床材なら良いのですが、人工芝や砂利など、浄化作用がない床材はただ糞を隠しているだけなので危険。と言うことです。

気付いたときには掃除しきれないくらい汚れていることがあります。

実際にそれが原因で水槽が臭ったこともあるので注意です

イモリの水槽が臭い!?どうして臭いの?臭い対策は?
イモリを飼っていて水槽から臭いがすることってありませんか? うちではごく稀に「あれっ?臭いな?」ってなる日があります。 しかし、それはイモリにとって結構やばい状態です。 なぜならもともと清流に住んでいる彼らは清潔な環境を望...

 

それと、床材の性能はもちろんですが、自分の気に入った床材を水槽に敷くことも大事だと思っています。

イモリの体調をよく確認しながらも、自分好みの水槽を作りましょう!

 

コメント

  1. アバター cialis on line より:

    Amoxicillin 250mg ReeqUe [url=https://cialiser.com/]buy cheap generic cialis online[/url] Escozy Comprar Cialis En Mendoza Aboxbupe Cialis beaund Cephalexin 500mg For Toothach

タイトルとURLをコピーしました