【革命】フェルールワックスの代用。ワセリンが本家を超えちゃってるかもしれない件。

【革命】フェルールワックスの代用!!ワセリンが本家を超えちゃってるかもしれない件。 釣り全般

 

フェルールワックスがピンチ?

 

ロッドの継ぎ目に塗布しジョイント部分の接合力をアップさせたり、継ぎ目の摩耗を遅らせたりする効果があるフェルールワックス。

とても素晴らしい概念で、丸2シーズン使用した現在全く手放すことができなくなってしまった道具の一つです。

 

【革命】フェルールワックスの代用!!ワセリンが本家を超えちゃってるかもしれない件。

 

特にパックロッドを愛用している身からすると、フェルールワックスを忘れた日はジョイント部の抜けが怖くてフルキャストが出来ないほどには依存しています。

そんなフェルールさんですが、あまりの安心感、使用感の良さゆえ記事にして魅力を布教(既使用の方には良さを再確認)しようとしたところ、事件は起こりました。

フェルールワックスの代用品、ワセリン。

事件の原因となったのはワセリン(百均で220円)です。

もともとは「フェルールワックスマジ素晴らしいので皆様ぜひ使ってみて下さい!」という内容の記事を書くつもりで、最後の方に代用品を少し載せようと、ロウソク、リップクリーム、ワセリンの3品をロッドのジョイント部分に塗って遊んでいたんです。

 

結果としては、ワセリン以外の2品は下記の通りで、

ロウソク:ブランクスに塗布できる(付着する)量が本家と比べてやや少ないが、同程度か少し下くらいの効果があった。

【革命】フェルールワックスの代用!!ワセリンが本家を超えちゃってるかもしれない件。

リップリーム:ブランクスに塗布できる量はロウソクよりも少なく(写真では塗られているのか分からない程度)リップの質にもよるのかも知れませんが全く使えず。何も塗っていない時より抜ける。

【革命】フェルールワックスの代用!!ワセリンが本家を超えちゃってるかもしれない件。リップクリーム

勝手なイメージで、”塗り付けるワックスが硬ければ硬いほどしっかり接続できそう=ロウソクよりもリップよりも遥かに柔らかいワセリンは論外”くらいに考えていました。
最早塗ってみる必要性すらあまり感じていなかったです。
いなかったですが、「とりあえず試してみる」は善行だということを実感することが多い世の中なので、全く期待できませんがジョイント部にワセリンを塗り込み2ピースロッドを結合してみました。
【革命】フェルールワックスの代用!!ワセリンが本家を超えちゃってるかもしれない件。
【革命】フェルールワックスの代用!!ワセリンが本家を超えちゃってるかもしれない件。
【革命】フェルールワックスの代用!!ワセリンが本家を超えちゃってるかもしれない件。

 

 

あれ???いいぞこれ???

 

あのトゥルントゥルンの、足とかに塗る、摩擦力がむしろ少なくなりそうなワセリンを塗ったロッドのジョイント部分が本家のフェルールワックスよりも強固に接続されている(あくまで気がする)ではありませんか。

 

めちゃくちゃビックリしました。

 

専用の製品百均の代用品で同じような効果が…?
【革命】フェルールワックスの代用!!ワセリンが本家を超えちゃってるかもしれない件。

 

何かの間違いだろうと、温めた濡れタオルでワセリンを拭き取り、ジョイントの凹部の中に残ったワセリンも温めた濡れ綿棒で拭き取り、もう一度ワセリンを塗布して接続してみました。

 

【革命】フェルールワックスの代用!!ワセリンが本家を超えちゃってるかもしれない件。

(画像使い回しで申し訳ありません)

 

あれ???やっぱりいいぞ???

 

どうやら何の間違いでもなかったらしいです。

 

ワセリンを塗り込んだジョイント部分はミッチミチに接続されていました。

抜く際に一瞬抜けるか不安になる程のミチミチ具合でした。

 

この強度(?)を数字で表すことが今の僕には不可能なので悔しいですが、本家のフェルールワックス(T社製)と同等かそれ以上の接合力があるとの僕の脳は認識しました。

 

ワセリンは少量だと効果薄め!

本家のフェルールワックスと同等かそれ以上の接合力を有する可能性があるワセリン(厳密に言うとダイソーの「精製ワセリン配合スキンバーム(基剤ワセリン)という商品」なのですが、接合部に少し塗っただけではあまり接合力が上がらないことに気が付きました。

恐らく、ワセリンがロッドのジョイント部の接続に向いている理由として、柔らかくてネチョネチョしたワセリンが、接続する2つのブランクスの密着度を上げやすいことが挙げられると考えます。

これは十分な量のワセリンがジョイント部に付着していることが前提になるので、付ける量が少ない場合には十分な効果が得られないのだと思います。

そのため、フェルールワックスの代用としてワセリンを用いる際にはたっぷり塗ることをオススメします!

フェルールワックスの代用品としてのワセリンの弱点について。

このワセリンの致命的な弱点ですが、控えめに言ってベタベタヌルヌルしすぎです。

ジョイント部にワセリンを塗る際に指に付きます。指に付くとブランクスを挿入および締め込むときに滑ります。

少し滑るくらいであれば「ウザいな」くらいで済みますが、あまり滑ると締め込みが不十分になったり、最悪の場合滑った手でガイドを曲げてしまったりということに繋がりかねないので、指に付いたワセリンはしっかりと拭き取ってから締め込む必要があると考えます。

この点、きちんと釣り竿接合用として製品化されているフェルールワックスは、リップクリームのような容器下部をくりくり回して出てくるタイプ(直接ベタベタを触らなくて良い)ので、その点では確実にワセリンとの差があると言えます。

 

また、夏などワセリンがでろでろに溶けてしまいそうな環境下ではまだ試すことができていないので、そのあたりの不安要素もあります。

 

 

自己責任でどうぞ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました